癌の治療に新療法が増えてきた

###Site Name###

一昔前までは死の病と言われ、本人に直接癌であることを告知するか言わずに治療をするか議論になったこともあるが、最近ではいろいろな治療法が発達し癌になっても生存率が伸び死の病でてはなく治る病となってきている。


癌になると手術で切り取るというのが主な方法であったが近年では免疫療法や放射線治療で癌と共存しながら病気を治していく方法が増えてきている。

切り取る手術も開腹せずに腹腔鏡による手術も多く試みられている。



開腹しないことで術後の体力の回復も早く社会復帰をする人も増えてきている。



また内視鏡もかなり発達し早期発見なら内視鏡手術で癌を撮り省くことも可能となっている。


内視鏡手術や腹腔鏡による手術の発達で術後の再発が減り、延命率が伸びる大きな理由となっている。



頭の中にできる脳腫瘍の手術もロボットマシーンの開発でそれまでは人間お手では難しいとされていた部位の手術も可能となってきました。

ガンマナイフを使った手術では、がん細胞そのものをピンポイントで除去することができることから、他の細胞を傷付けることなく手術ができるようになったことも癌の再発や術後の回復が早くなったことにつながっている。

癌の治療法や手術の方法が増えたことにより患者自身で治療法を選ぶことができるようになりました。



手術をする医師の術例や病院の術後の生存率をインターネットで調べることができるようになってきていることで、医師や病院を選ぶこともできるようになってきている。
患者が病と向き合うことができるようになったことも精神面でストレスが減り、治療に対する心構えもできることから治療の効果も上がってきていると言われている。


特に癌の再発が減った理由には術後の治療で患者自身が体質改善の食事療法を取る方法や適度な運動や治療に対する知識を持つことで自ら再発を減らす努力をしていることも生存率が高まっている理由と言える。
今では早期発見で治る病となった癌だけに日頃の検査は定期的に受けていく必要がある。