img_01

記帳代行サービスの流れについて

個人にしても法人にしても、日々のお金の流れを記録しておく必要があります。
これは第一に税務申告に役立てるためであり、しっかり記録しておくことにより余分な税金を支払わずに済みます。

安心、信頼の記帳代行の情報を利用しない手はないです。

また日々のお金の流れを記録し、わかりやすい書類にしておけば、会社の経営状態を客観的に把握することができます。

そのような記録書類の作成を代行してくれるのが記帳代行サービスです。



このサービスの流れはクライアントから毎月の領収証、通帳コピー、請求書などの提出を受け、これらの書類から数字を拾い出して会計帳簿や計算書類を作成してくれるものです。



この記帳代行を行うのは経理事務に長けた担当者が処理するので安心ですし、節税対策にも役立てることができます。また記帳代行サービスでは法人の場合には決算時の総勘定元帳や賃貸対照表、損益計算書、決算報告書やそのほか会社経営に必要な各種帳簿なども作成してくれるので、税務申告にも役立てることができます。